マットレスにも、ベッドで使うような厚手のマットレスや、敷布団と一緒に使うような薄手のマットレスなど様々な種類のものがあります。
中でも敷布団と一緒に使う薄手のマットレスには、目的やマットレスの性能によって、効果的な使い方が分かれてきます。

お部屋にベッドを置くスペースが取れなかったり、もしくは2段ベッドなどの場合には、敷布団を敷いて寝られていると思いますが、更に心地よい眠りの為にマットレスを一緒に使われている方が多いのではないでしょうか。
また2段ベッドの場合には、上段には安全上の問題から厚手のマットレスは使えませんから、薄手のマットレスを選ぶことになります。
敷布団と一緒に使われるこの薄手のタイプのマットレスには、大きく分けて2つの使い方があることををご存知でしょうか。正しく使い分けについて、ご紹介したいと思います。

マットレスの正しい使い分け方

2つの使い方の違いについて簡単に表現すると、マットレスを敷布団の下に敷いて使うか、敷布団の上に敷いて繋がりです。
敷布団の下に敷くのは、昔から良く見掛ける使われ方で、クッション性を活かすことで体が沈み混んだ際の床付き感を防ぐ働きをしてくれます。
一方、敷布団の上に敷く使い方は、横になった際に体圧分散性を効果的なものにする為のものです。
近年人気の高い「低反発素材」や「高反発素材」のマットレスなら、4cmという薄さでも適切に沈み混んで体圧を分散させてくれます。機能性の高いマットレスの場合には、本来直接体が当たる様に敷いて使うことで、その性能が効果的なものとなるのです。
しかし、これまで多くの方が抱いている「マットレスは敷布団の下に敷くもの」というイメージから、折角の低反発素材や高反発素材などの機能性の高いマットレスでさえも、敷布団の下に敷いて使っている方がまだまだ多いかもしれません。
体とマットレスの間に敷布団があっては、マットレスが持つ性能の効果は得られません。
また、機能性の高いマットレスの場合には、マットレスの下に敷布団を敷かなければならないと言うものではありません。マットレスだけでは厚みが足りないと感じる方は、マットレスの下に敷布団を敷いてあげれば良いと思います。

購入した薄手のマットレスが、床付感を軽くする為のクッション性を目的としたものなのか、低反発素材や高反発素材など体圧分散性を求めてのものなのか、それぞれの性能を活かせるような使い方をして頂ければと思います。何より、自分が心地よいと感じられるスタイルを見つけることが一番です。

結婚を機に、家具を新調しました。ベッドもそのひとつ。大きさについてこだわりがあった訳ではなく、何とはなしにシングル→ダブルへサイズ変更。よって、マットレスも新たに調達する必要が出てきました。

買い物をするときは可能な限り色々なものを試して、ベストなものを選択したい性格なので何件か店舗を周ることにしました。
一応新婚ということで、あまり安いものではなく、納得のできるものを選ぼう!と意気込み、夫の好みを聞き出した上で先ずは1人でリサーチに出かけました。
大手家具店では、好みを伝えてあれやこれやとおすすめいただきました。お試しできますよ〜という優しい声につられ、ひととおり横になってみたり、手でグイグイと押してみたり、寝がえりをうつような動きをしてみたりと、試してみました。意外とこれが恥ずかしいというか、落ち着かないというか…。ひとりでダブルベッド用マットレスのお試しに行くには心の準備不足だったように感じました。どれがどのように良かったか、ほとんど覚えていません!!

気分を変えて、次は百貨店の寝具売り場へ。
結局ここで購入することになるのですが、きっかけは、しょうもない話ですが優待がきく、これに尽きます。何度か訪問し、最終的には夫を引き連れ、絞り込んだ選択肢を見て、購入にたどり着きました。

さて、この購入時点で実はベッドフレームは先に到着していたのです。
フレームが到着したので、到着予定日前にこれまで使っていたシングルベッドフレームは粗大ゴミとして排出してしまっていました。
マットレスは…念のために残していました。これが良かった!何とか、マットレスレス時期を乗り越えることができました。

私が選んだマットレス

選んだマットレスは、ウレタン系の薄手のタイプです。
ダブルサイズで、マットレスとして使用していますが三つ折りにでき、汗などで蒸れたときには立てかけて風を通すこともできます。軽いのが特徴で、シーツの交換時に持ち上げるのも楽で助かっています。
ウレタンが体に馴染みながら沈み込んでいく使い心地は、硬めの質感が好きな私たちにはヒットしました。そしてスプリング系と違い、寝がえりをうったときにギシギシときしまずに、静かに安眠タイムを過ごすことができる!今の所大満足です。
ベッドフレームも高さのないものを選んでいるので、ベッドでありながらも敷布団のような地面の近さで、天井までの距離があり、部屋が広くゆったりと見えています。寿命がやや短いとのことですが、しばらくはこの満足感と安眠を満喫できそうです。

マットレスで思い返すのはベビー布団のマットレスの快適さです。
10年以上前のことですが、我が家に赤ちゃんが生まれることになりベビー布団を購入しました。わたし達夫婦も普段布団で寝ていたので、添い寝や添い乳ができるようにとベビーベッドを買わずに布団にしてならべることにしたんです。主人、わたし、赤ちゃんという風に3つの布団を並べ、いびつな川の字で寝るようになりました。
ある時、赤ちゃんのベビー布団に頭を乗せてうとうとと昼寝をした時があったんです。乗せた瞬間その適度な硬さがなんとも快適で、「あれ?何だかわたしのマットレスと違う感じ…」と不思議に思いました。改めて自分のマットレスに横たわってみると、長年使い古したせいか低反発の感触もだいぶなくなっているのに気がつき、さらに敷布団と共にマットレスもかなりへたれているのが気になったんです。買ってすぐの頃は初めてのマットレスの快適さにあんなに感激したというのにいつの間にかぺったんこ。それも慣れてしまうと気づきもしなかったなんて驚きでした。

赤ちゃんの寝具はある程度の硬さが大切と聞いていたのですが、大人だってこんなに快適に眠れるんです。ベビー布団ってすごいな!と素直に思いました。そしてその日からベビー布団を借りて昼寝をすることが増えました。赤ちゃんはまだ小さかったので布団を横にし、肩くらいまで借りて一緒に並んで寝るんです。当然無理な話ですが、心の中では「この感覚が全身だったらいいのに!」と思っていました。

睡眠の質はマットレスで格段にあがる!

マットレスの快適さは睡眠にとても影響していると感じています。
横になった途端に気持ちいいと感じられた時には途中であまり目が覚めずにぐっすり眠ることができ、赤ちゃんのベビー布団のマットレスがあれほど快適なのも納得です。
でも大人用で赤ちゃん用ほどの厚みと快適な硬さのマットレスを買おうと思うと値段がはりますね。そこが残念なところです。
わたしが使っているマットレスもやはり安いものなので赤ちゃんのものよりずっと薄く、その分へたるのも早かったように思います。寝具はケチって安いものを買うべきでないなぁとつくづく思いました。
それから何だかんだで数年間使い続けています。捨てるのもお金がかかりますし、子供にお金を回すために今のところ買い替えないで我慢していますがさすがにくったくたです。来年の春には思い切って買い替える計画なんです。今よりずっと快適に寝れる日が待ち遠しいです。

私はベッドのマットレスの上に厚めの低反発マットレスを敷いて寝ていたのですが、腰痛がひどくて、マットレスがいけないのではないかと思い始めたのです。
もう10年くらい使っていましたし、柔らかくて寝心地はいいのですが、眠っていると腰が痛くなって目が覚めてしまうことが度々あったのです。
ベッドのマットレスは固めのもので、その上に低反発マットレスを置くような形で眠っていました。マットレスも劣化するということなので、いいマットレスがあったら買い換えようと思っていました。
でも、なかなかいいマットレスに出会うことができなくて、そのままにして寝ていたのです。

ところがテレビショッピングで高反発マットレスの宣伝をしていました。
見ていると、高反発マットレスだったら、寝返りが打ちやすくて、寝心地がいいとい事でした。サッカーの本田圭佑選手も使っているという事で、本田選手が使っているのだったら、きっといいマットレスに違いないと思いました。値段も2万円くらいだったので、それだったら買う事ができそうですし、家まで配達してくれるという事だったので、買う事にしました。

届いたマットレスについて

届いたマットレスはぐるぐるに巻かれていて、真空パックになっていました。ハサミでビニール袋を破いたら空気が入って、マットレスの形になりました。
それまで使っていた低反発のマットレスを取り除いて、そこに高反発マットレスを敷きました。
なんだか硬い感じがしましたが、寝心地はかなりいいなと思いました。
それまで腰の部分が沈み込んでいるような感じがしていたのですが、今度はしっかりとしていて、腰が沈み込むような感じはありません。
眠っている時に腰痛で目がさめることもありません。3つ折りになっていて、片付けるのにも簡単ですし、軽くて便利です。

今の所、私のベッドにはその高反発マットレスが敷かれていて、しばらくはその高反発マットレスを敷いたまま寝ることにしています。
私は寝相が悪いので、眠っている間にいろいろと動くので、寝返りを打ちやすいのはとても楽です。
ぐっすりと眠るには自分の体にあったマットレスを使うことが必要です。マットレスが合わないと、体のあちこちが痛くなったり、眠りが中断されたりして困ることがあります。
そういうことがないようにするには、やはり自分の体にフィットしたマットレスを使うことがとても大事なことですし、熟睡するためには、いいマットレスを選んで使うことが必要です。